2010年01月10日

トップを死守せよ!

南4局 現在 35800点持ちのトップです。
何とかしてこのトップを死守したい!

得点差は
上家(親)12300 / 対面 16700 / 下家 14200

警戒するのは親でしょう。
それ以外はマンガンあがられても大丈夫ですしねぇ・・・といってるそばから
top1.jpg
親のリーチ!

これは振れません。
かといってツモらせるわけにもいきません。
ここからあがりにもっていかなくては・・・非常に苦しいです。

さぁ、何を切りましょう?




top2.jpg
現物に「B」「D」があるけど
これを切っちゃうとこの手は終わりですし、
「白」は対面に1枚しか切れていなくて、少し怖いですがまずはこれでしょうかね。




top3.jpg
「四」をツモってきました。
「一−四」はリーチ宣言牌「三」のそばですからそうとうヤヴァそうな感じです。

(実際はカンチャン二待ちだったんですけどね(・∀・))

さぁ、何を切りましょう?




top4.jpg
「北」を切ってみました。
河に1枚も出ていませんのでちょっと怖いですが、
役牌ではないですし軽く勝負です。

あ、でも今思うと1・2巡目に「南」「東」と切っているから
字牌はまず通るのかな?

いや、配牌からトイツになっていることもあるので
やはり生牌は怖いですね。
特に次に切ることになるであろう「發」は役牌ですし・・・




top5.jpg
と思ったら、また「北」をツモってきました。

さぁ、何を切りましょう?・・・なんて言わなくてもねぇ。




top6.jpg
「北」ですよねぇ〜。




top7.jpg
え?・・・「ロン」? (゚ロ゚;!!




top8.jpg
え、えーっ! (゚ロ゚;!! (゚ロ゚;!!
ス・スーアン・・・タ・タンキ??? ・・・ということで、
トップ死守どころかラス・・・どころかトビです。




top9.jpg
で、対面さんむの手を見てみるとこうなんですね。

リーチ同巡はリーチ宣言牌の「三」に合わせて
次巡は自分ですでに切っている「中」を切っています。

「二−五」は自分の手から見ても
そば聴と言うことを考えても、そうとう危ない筋ですね。
しかも「五」は赤いですし、切るのは相当勇気が要ります。
(実際は「二のカンチャンマチ」)

そこにツモったのが「北」




top10.jpg
ここで「五」切り!

対面が生牌を切ってきたということは、対子落としの可能性もあるし
仮にそうでないとしても、あと2枚あるわけだから
今後切られる可能性が非常に高い。

となれば「北」を合わせるのではなく、
「五」を勝負!

σ(´I `*)にしてみれば
この赤い「五」を見て、対面も勝負に来ていることを考え
ツモってきた「北」を手元におさめて、
共通案牌である「D」を・・・なんてできないわな。

お見事です。(*'(ェ)')//゛゛゛パチパチ



↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。