2010年09月12日

トイツ系牌効率 序章10

「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」


 戦国時代末期、最初の牌効率が生まれた。やがてその牌効率は2つの派閥に分かれることになる。本家の「一般的牌効率」と分家の「シュンツ系牌効率」だ。それぞれの牌効率はおのれこそ最強の牌効率であると自負し、その精度をさらに極めんとしていた。そして2つの牌効率による最初の全面対決が行われた。戦前の予想では本家の「一般的牌効率」が優勢だと信じられていたが、そのおごりをつかれ「シュンツ系牌効率」が勝利することとなる。ここで分家の「シュンツ系牌効率」が主流となる逆転現象が起こったのだ。
 勝負に負けた「一般的牌効率」では離反者が続出し、その勢いは風前の灯となる。その中で発生した「トイツ系牌効率」と「アンコ(コーツ)系牌効率」は時代の表に出ることなく、それぞれ時代の影と闇に生きることになった。対して「シュンツ系牌効率」は勢力を拡大し、この世の春を謳歌する。そうして時代が流れた・・・

 時は現在。一時完全に勢力を失っていた「一般的牌効率」だったが、全国各地バラバラになりながらもしぶとく生き延びていた。そして一般的牌効率界最強の男「デジタル」が世にあらわれる。「デジタル」は「シュンツ系牌効率」を各個撃破しながらバラバラ散らばった仲間をまとめあげ、「一般的牌効率」の勢力を急速に回復させていった。対する「シュンツ系牌効率」も黙ってはいられない。残存勢力を集結し「一般的牌効率」に対抗する。再び2つの牌効率の全面対決が行われようとしていた。「一般的牌効率」はネットに本拠を構え、「シュンツ系牌効率」は雑誌に本拠を構える。「一般的牌効率」の猛攻を巧みにかわす「シュンツ系牌効率」。「一般的牌効率」が押し気味に戦いを進めるが、状況は一進一退。決着がつかないのではないかと思われたそのとき、第3の勢力があらわれた。

 いや、それは勢力というものではなかった。時代の影を生きてきた「トイツ系牌効率」の伝承者があらわれたのだ。「トイツ系牌効率」は一子相伝牌効率であり、牌の重なりを想定することにより相手の手をつぶし、かつ自らの手を作り上げるといった攻防一致牌効率である。彼はまず「一般的牌効率」に戦いを挑んだ。下っ端のエセデジタルが蹴散らされていくうちに、「一般的牌効率」本部も次第に「トイツ系牌効率」の存在を無視できなくなってきた。ついに一般的牌効率四天王が動き出す。

 「一般的牌効率」VS「トイツ系牌効率」の行方は? 「シュンツ系牌効率」の反撃はあるのか? そして未だ時代の闇にまぎれている「アンコ(コーツ)系牌効率」は表にでてくるのか?


「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」

・・・つづく(?)
↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイツ系牌効率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック