2010年10月19日

麻雀最強戦を見た

 この間の日曜日に、ニコニコ生放送で麻雀最強戦をやっていた。それに気付いて見始めたのだが、丁度そのときやっていたのは準々決勝の終わりくらいで、知らん人と知らん人と知らん人と知らん人の対戦だった。そして知らん人が得点的に準決勝に進めそうとのことだった。
 続いて準決勝をするが、その準備があるのでその間参加したプロたちのインタビューを行います、というので興味を持って見てみた。まず五十嵐プロがでてきて、「準決勝に進めそうですか?」 と質問されて、「ダメでした」と答えていた。続いて荒プロがでてきて、同じ質問に対して「ダメでした」と答えた。そして二階堂の姉の方が出てきて同じく「ダメでした」と答えていた。がんばれ!

 準決勝が始まり、放送があったのは滝沢プロと福田プロと一般参加が2人の卓だった。東1局、滝沢プロはソウズの染めに向かい、途中でチーを入れた。すると滝沢プロが本来ツモるはずだった牌が下家に行くわけだが、その牌がまさにそのチーしたものと同じ牌だった。(つまりチーしなくてもツモっていたわけだね) さらにもう一枚下家に有効牌が流れて、解説の荒プロは「こりゃキツイね、これは和了れないんじゃないの?」 と言っていたが、滝沢プロはイケメンを発揮してラス1の字牌をツモり親マンをゲットした。
 ちなみにニコニコ生放送は見ている人が好き勝手コメントを書き込めるのだが、上記の鳴きについて例によって例のごとくてんやわんや。鳴かなかったらハネマンになっていたからこれは失敗だ、この点棒はすぐ無くなる、といったナカナカな意見も出ましたが、次局も滝沢プロはイケメンを発揮し親ハネを出和了りすることとなった。
 東1局2本場、滝沢プロのイケメンは続き「2-5」待ちで先制リーチ! しかし、この待ちは山に少ない。さぁどうなるのだろう? という状況で、解説の荒プロに言わせると、「枚数は少ないがこの流れならツモっちゃうだろうね」とのこと。その数巡後「ツモ」と発声したのは福田プロだったのは内緒です。

 するとコメントの方では予想通り「流れの定義とは何か?」などというバカな書き込みを、アホな奴がするわけで、ほとんどの人はそれをスルーしていたのだが、ある人が律儀に「流れに定義はない、しかし流れはある」と答えていた。それを見て私はかつてのネタを思い出し、「かわいいに定義はない、しかしかわいい娘はいる」と書き込んでみた。すると「かわいいの定義は個人個人によってあるだろ」なんてつまんない返答がかえってきた。真面目か!

 そこからいろいろあって一般参加の人が箱割れしちゃったんだけど、そこで終了ではなくそのまま続行、若干さらし者感が漂った。しかしそこから彼は点棒を借りてリーチをし、ハネマンをツモ和了。もう1人の一般参加の人もプロ2人とかなり差をつけられていたがマンガンをツモ和了り、2人ともチョイト存在感を示した。
 しかしどうなんだろう? この準決勝はトップ1人しか決勝に進めないシステムで、滝沢プロが一人飛びぬけている状況。となれば子でツモ和了は局が進むから、トップの滝沢プロにとってはありがたい。この状況で和了ることができるのは親番の人だけで、それを滝沢プロがどう流すか? ではなかったか。(参照ノーマーク爆牌党7巻)

 なんだかんだあって南4局、一般参加の人が親番で粘って流局、流局となったところで突然終了。どうしたんだろう? と思っていたら60分で打ち切りだったそうで、時間切れ終了とのことでした。チャンチャン。

 その後、コメントでは「佐々木寿人も決勝に行ったらしいぞ」との情報が。佐々木プロと滝沢プロはほぼ同年代(なのかな?)で、ライバル関係にあるわけです。その2人が決勝で対決するんだからこれは盛り上がります。私は「来週の決勝を見逃さないようにしよう」と心に誓って、パソコンを閉じたわけですが、決勝は来週などではなくそのまま続きでやっていたそうです。(;´Д`)

 決勝の結果はネタバレになるのでここには書きませんが、見ての感想は、滝沢プロはイケメン。そして二階堂姉の何切るの回答はなかなか雀鬼っぽくて良かった、ということです。あと実況の仕方だけど、視点がコロコロ変わるので状況が良くわからない。画面を分割するとかして、ネットマージャンの観戦のようにうまいことできないものかなぁ・・・


※うろ覚えなので間違ったことを書いていたらゴメンナサイ

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀を考える♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166324187

この記事へのトラックバック