2017年05月07日

山残り枚数2

七対子の待ち牌選択において

地獄待ちでの山残り枚数です。
3枚見え.png
当たり前ですが、平均1枚以下になります。役牌と風牌の差はほとんどありません。19牌、28牌がそれに続きますが、かなり差がありますので、地獄待ちにするなら字牌にすべきでしょう。


1枚切れでの山残り枚数です。
2枚見え.png
風牌と役牌との比較では、1巡〜5巡では風牌が優位、7巡〜15巡では役牌が優位、16巡〜は再び風牌が優位になります。とはいえそれほど大きな差ではないので、あまり気にする必要はないかもしれません。1枚切れも地獄待ち同様、数牌とは差があります。


生牌での山残り枚数です。
1枚見え.png
風牌と役牌との比較では、1巡〜5巡では風牌が優位、6巡〜11巡はほぼ同じ、12巡以降は風牌が優位となります。さらに19牌と役牌の比較では14巡で19牌が役牌に追いつき、15巡以降では大きく逆転します。15巡以降の差の広がり方を考えると、捨牌三段目では19牌が優位ではないでしょうか。


↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀を考える♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449673714

この記事へのトラックバック