2010年09月12日

トイツ系牌効率 序章10

「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」


 戦国時代末期、最初の牌効率が生まれた。やがてその牌効率は2つの派閥に分かれることになる。本家の「一般的牌効率」と分家の「シュンツ系牌効率」だ。それぞれの牌効率はおのれこそ最強の牌効率であると自負し、その精度をさらに極めんとしていた。そして2つの牌効率による最初の全面対決が行われた。戦前の予想では本家の「一般的牌効率」が優勢だと信じられていたが、そのおごりをつかれ「シュンツ系牌効率」が勝利することとなる。ここで分家の「シュンツ系牌効率」が主流となる逆転現象が起こったのだ。
 勝負に負けた「一般的牌効率」では離反者が続出し、その勢いは風前の灯となる。その中で発生した「トイツ系牌効率」と「アンコ(コーツ)系牌効率」は時代の表に出ることなく、それぞれ時代の影と闇に生きることになった。対して「シュンツ系牌効率」は勢力を拡大し、この世の春を謳歌する。そうして時代が流れた・・・

 時は現在。一時完全に勢力を失っていた「一般的牌効率」だったが、全国各地バラバラになりながらもしぶとく生き延びていた。そして一般的牌効率界最強の男「デジタル」が世にあらわれる。「デジタル」は「シュンツ系牌効率」を各個撃破しながらバラバラ散らばった仲間をまとめあげ、「一般的牌効率」の勢力を急速に回復させていった。対する「シュンツ系牌効率」も黙ってはいられない。残存勢力を集結し「一般的牌効率」に対抗する。再び2つの牌効率の全面対決が行われようとしていた。「一般的牌効率」はネットに本拠を構え、「シュンツ系牌効率」は雑誌に本拠を構える。「一般的牌効率」の猛攻を巧みにかわす「シュンツ系牌効率」。「一般的牌効率」が押し気味に戦いを進めるが、状況は一進一退。決着がつかないのではないかと思われたそのとき、第3の勢力があらわれた。

 いや、それは勢力というものではなかった。時代の影を生きてきた「トイツ系牌効率」の伝承者があらわれたのだ。「トイツ系牌効率」は一子相伝牌効率であり、牌の重なりを想定することにより相手の手をつぶし、かつ自らの手を作り上げるといった攻防一致牌効率である。彼はまず「一般的牌効率」に戦いを挑んだ。下っ端のエセデジタルが蹴散らされていくうちに、「一般的牌効率」本部も次第に「トイツ系牌効率」の存在を無視できなくなってきた。ついに一般的牌効率四天王が動き出す。

 「一般的牌効率」VS「トイツ系牌効率」の行方は? 「シュンツ系牌効率」の反撃はあるのか? そして未だ時代の闇にまぎれている「アンコ(コーツ)系牌効率」は表にでてくるのか?


「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」

・・・つづく(?)
↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイツ系牌効率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

天鳳四→五段の道のり

4-5.JPG

はぁ、なんとか5段に到達しました(;´Д`)
3→4段のときは降段の危機もありましたけど、
4→5段ではそれが無かったので、その意味では気が楽でしたなぁ。



  五段になったのときのやつ              四段になったときのやつ
tenhou_prof_20100911.jpgtenhou_prof_20100724.jpg

和了率ちょい上がったのがよかったなぁ。
ハンゲで打っていたときは2割を余裕で切っていたからなぁ(´゚ω゚):;*.':;ブッ
クイタンの味をおぽえてしまった。って感じですなぁ。

しかし6段へはこの調子だと厳しいっすなぁ。
もうちょいラス回避の意識を高めていかないと・・・
とかなんとか、最初はハンゲのサークルができない間の腰掛のつもりが、
本格的に天鳳にはまってしまっているのであった( ゚∀゚)

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 天鳳昇降段記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穴があったら入りたいオーラス

24300点持ちの3着目。
ラス目の対面とはハネマン以上の点差が離れているので、まず大丈夫でしょう。

2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=1.jpg

で、思い切ってリーチ♪
このリーチが成功すれば2着でフィニッシュです。




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=2.jpg

直後にツモってきた「三」・・・ツモ切る?
いやいや、ここはリンシャン&カンドラ狙いでしょう♪




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=1&ts=3.jpg

そのときトップ目の上家の手牌がこう。
なるほど、カンしなければ振り込んでいたわけだ。




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=4.jpg

で、しばらく進んでドラの「二」をツモってきて・・・




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=5.jpg

(´゚ω゚):;*.':;ブッ




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=6.jpg

なるほど、カンしなければこんなことにはならなかったわけだ・・・(;´Д`)
で、これは・・・どうなるの???




2010091023gm-0029-0000-xb7348696bf2e&tw=2&ts=7.jpg

席順的にそうなるよね・・・(;´Д`)トホホ
対面さん・・・笑いがとまらないだろうな・・・ (*´ェ`*)ハズカシイ



【反省】
・カンタンにリーチ棒を出しちゃダメ
・カンタンにカンしちゃダメ
・1本場のことを忘れちゃダメ

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

大三元パオ 何切る?

20800点持ちの3着目で迎えた南3局。
ラス目の上家とはある程度差があるので、
そんなに気にしなくてもいいかなぁ・・・と思っていたけど・・・さぁ、何切る?

2010090320gm-0029-0000-xc965412a0267&tw=0&ts=1.jpg

絶好の「七」を引き入れて、「發」を切ればタンピンの聴牌ですが・・・ねぇ・・・(;´Д`)
さぁ、どうしましょう? え? σ(´I `*)の選択は・・・・・・








2010090320gm-0029-0000-xc965412a0267&tw=0&ts=2.jpg

σ(´I `*)の選択は「發」切りリーチ (゚ロ゚;!!
そしてそれを上家がポン!(;´Д`)




2010090320gm-0029-0000-xc965412a0267&tw=0&ts=4.jpg

と、あせった瞬間にツモ ┐(´ー`)┌ヤレヤレ




2010090320gm-0029-0000-xc965412a0267&tw=0&ts=5.jpg

ちなみに「發」切りの瞬間はこんな感じ。
すでに小三元ホンイツの聴牌だったのかぁ・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんか雰囲気的に相当ヤバイことになっているのを感じていて、
放っておくとツモられちゃう予感がしたんだよね( ゚∀゚)

ハネマンをツモられたら逆点されちゃうし、
こっちの形は悪くないし、向こうもマンズ待ちだから案外同聴かもしれないし、
和了れれば2着浮上だし・・・と高まっちゃってリーチしてしまいましたが・・・

「發」でロン・・・という可能性も十分あったわけで・・・
結果オーライですが、さすがに「發」切りは無茶しすぎだったか・・・
ちなみにリーチ後以外でパオ牌を切ったのは、リアルを含め初めてのことでした (*´ェ`*)ポッ
↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

単騎待ちじゃないはず「何待ち?」

下家との熾烈なラス争いの中、
トップ目である対面の親からリーチがかかりました(;´Д`) さぁ、何待ち?

2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=1&ts=1.jpg

まずは状況として考えられること・・・
リーチ者はトップ目で、2着目との南家とは11000点差。親なので2着目の南家に満貫をツモられると逆転されるという点差。2着目と3着目とは22000点も差があり、また3着目とラス目の差がほとんど無いのでどちらも軽い手で和了りに賭けようするはずだから、2着目としてはトップを狙って安心して手作りできる。

トップ目としては役アリならダマにしておいて、状況の変化に対応できるようにしておきたい。
また2着目は親ハネを振り込んでも2着キープだから、リーチしてもある程度押してくるはず。すると役ナシだからといって悪い待ちではリーチに行きたくはない。最低両面待ち以上の多面待ちか、場状から見て出やすい待ちになっているだろう。


次に捨て牌から考えられること・・・
まず「D」が「八」よりも早く切られています。
仮に両方とも孤立牌だとしたら普通は「D」を残すはずですので、
「八」は手牌に関係する牌であると想像できます。

次に「二」がツモ切り後に、手出し「二」切りリーチ・・・
もし仮に「二」が手牌にまだあるとすると暗刻になるのを拒否し、さらに対子から1枚落としてリーチしたことになります。可能性としては「一二二三」でしょうか?
しかし2巡目に「一」を切っているので、「一二二三」から「二」を残しておく必要はありませんから、ここまでこの形が残っていることはありえないでしょう。つまり「二」は1枚だけであったと想像できるのです。また重ねた「二」をツモ切りしているので、当然単騎待ちはありえないことも分かります。

可能性としては「二四」から「二」をツモってきてシャンポン待ちにもできたがそれを拒否し、
その後「五」をツモって「二」を切り、両面待ちの聴牌でリーチした・・・ということは、

「二四六八八234DFG中中」  ツモH 打D
「二四六八八234FGH中中」  ツモ七 打八
「二四六七八234FGH中中」  ツモ二 打二
「二四六七八234FGH中中」  ツモ五 打二 リーチ!
「四五六七八234FGH中中」

ということでまとめますと、
対面のリーチはずばり「三-六-九待ち」だー!





では結果を見てみましょう。

2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=1&ts=6.jpg

「A」が和了り牌???
予想と全然違う・・・( ゚Д゚)ポカーン

「@」が4枚見えていますのでカンチャン待ちではありません。
ということは単騎待ちですが・・・いったい何がどうなっているのでしょう?



では対面の視点から確認してみましょう。

2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=3&ts=2.jpg

「D」切りの時点で、七対子聴牌「八」待ちだったんですね。
さすがにこの待ちだと、リーチに行くにはちと弱いですかなぁ。




2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=3&ts=3.jpg

「A」に待ちを変化させました。
ここでリーチというのも手でしょうけれど、ちょっとパンチが弱いね。




2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=3&ts=4.jpg

「二」をツモ切り。




2010082717gm-0029-0000-x403e4b940494&tw=3&ts=5.jpg

また「二」をツモって、手牌と入れ替えてリーチ!
これで単騎待ちの可能性を消去できたし、
「B」が2枚あるから他家で「A」を使いづらいだろうし、
捨て牌「D」の筋だし対面あたりが降りて振ってくれるんじゃないかな・・・って感じかな?



うーん・・・いいところまで来ているけれど、おしいなぁ・・・
この時点ではカンチャン「A」待ちの可能性は否定されていませんからねぇ。
これで字牌単騎とかならかなり芸術点は高いんだけどなぁ・・・

とはいえ、こんな形での「単騎待ちを否定しつつの単騎待ち」があったのかぁ・・・と、ちょっと面白かったですが、最近こんな感じで策をこらしてくる人が結構多くて嫌な感じです(;´Д`)

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 七対子日記(?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする