2010年09月18日

トイツ系牌効率序章12

【前回までのあらすじ】
ついに最強牌効率決定トーナメントが始まった。一般的牌効率四天王No.1犬とNo.4眼鏡が会場から見守る中、1回戦が始まった。トイツ系牌効率伝承者の猫最初の対戦者は一般的牌効率のちっ(怒った顔)わーい(嬉しい顔)そしてシュンツ系牌効率の目。序盤は一般的牌効率の2人が持ち味のスピードを生かした先制リーチ攻撃で突っ走る。トイツ系牌効率の猫は防戦一方、流局させるので精一杯。我慢を重ねた東4局、ついににチャンスが訪れる。猫がチートイドラドラを聴牌、そして即リーチ! 待ちは場に1枚切れの「西」。決まるかと思われたが、流局。残り2枚の西のうち1枚は目の手にあり、もう1枚は王牌だった。チャンス手をつぶされた猫に秘策はあるのか? 一般的牌効率が優勢のまま試合は後半戦に進む。


眼鏡
今のは残り2枚の「西」が両方とも山にあると踏んだんですよね。
その読みが外れたということは猫はこれで終わりましたね。
犬
いや、奴はシュンツ系牌効率が出てくることがわかった上で「なんとかしてみせる」と言っていた。
この状況も当然想定していたはずだ。まぁ、続きを見てみようぜ。


『南1局も一般的牌効率ちっ(怒った顔)が先制リーチ。しかし、猫がそれをポン。
 次巡ちっ(怒った顔)の捨て牌でロン。タンヤオドラ1を和了る』


眼鏡
ん? 鳴いてきましたね・・・トイツ系牌効率というのは七対子だけじゃなかったのか・・・
それともトイツ系牌効率を捨てたということなのか?
犬
わからん。単なる猫の焦りだったらどうということはないが・・・


『南2局、一般的牌効率わーい(嬉しい顔)が先制リーチ! それを猫がポン。
 リーチに降りたちっ(怒った顔)からロン。中ドラ2を和了る』


眼鏡
こんどは役牌・・・しかも得点もわずかながら抜かれちまった・・・
犬
なるほどな、これこそがトイツ系牌効率の真の姿かもしれんな・・・
そうするとこの状況を打開するにはちっ(怒った顔)わーい(嬉しい顔)では荷が重過ぎる。


『南3局、2巡目いきなり猫がポン。4巡目チー。そして6巡目にロン。タンヤオのみ。
 そして南4局は流局で終了』


眼鏡
またわが一般的牌効率側が負けてしまったわけですが・・・
敗因は一般的牌効率の持ち味だったはずのスピードで遅れをとったということですか?
犬
まぁ、そうだな。ただ、その点は何とかなる。あれが真のトイツ系牌効率というのなら、
こちらの真の一般的牌効率を見せればいいだけの話・・・ただ今の半荘・・・何かがおかしい・・・



トイツ系牌効率が1回戦を突破。しかし、シュンツ系牌効率もこのままでは黙ってはいない。
2回戦はシュンツ系牌効率3人がトイツ系牌効率に襲い掛かる。その勝敗はどうなるのか?
また犬が言う真の一般的牌効率とは? そして彼が感じる違和感とは何か?
そして未だ時代の闇にまぎれている「アンコ(コーツ)系牌効率」は表にでてくるのか?

「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」

続・・・かない・・・と言っていたけど、チョット続く・・・

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイツ系牌効率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

ツモ切り地獄対策?

前局にリーチ裏3というインチキオヤマンを和了りトップ目に立った東3局2本場です。

2010091418gm-0029-0000-xde5825efae8d&tw=2&ts=1.jpg

「六」をツモって一応、完全一向聴というやつ?
「456」や「567」の三色になりそうないい感じですなぁ。

ただ「5s」がもう山に無い形であることと、
ツモってきた牌が聴牌になる牌ではなかったことが、なんか微妙な感じ・・・
むしろこの形なら「五六DDEEF45556西」といった
安全牌を1枚持った形の方が好きです。

だから「六」が出たらポンして聴牌にとっちゃうつもりでした・・・が・・・






2010091418gm-0029-0000-xde5825efae8d&tw=2&ts=4.jpg

そこから永遠とも思えるツモ切りが続き・・・
「赤五」をツモって、さぁ何切る?

赤が出て行かないように「六」を切りたいところですが、
ここは一歩引いて「E→D」と切っていくべきかな?

ツモ切りがずーっと続いてのこの赤はワナかな? とか思っちゃうわけですよ。
まぁ、そんな心の声に己を預ける器量など、σ(´I `*)には無いわけで・・・






2010091418gm-0029-0000-xde5825efae8d&tw=2&ts=6.jpg

まぁオカルトじゃなくても終盤なので、
聴牌していなければ引き気味構えるべきかぁ。

それでもどこかで流れを変えることができたのではないかとも思ったり・・・






2010091418gm-0029-0000-xde5825efae8d&tw=2&ts=2.jpg

例えば、この上家の「D」を鳴いちゃう?
いや、さすがにそれはダメだな・・・






2010091418gm-0029-0000-xde5825efae8d&tw=2&ts=3.jpg

じゃぁ、この下家の「赤D」を鳴いちゃう?
案外、これを鳴くのはアリかも知れないなぁ・・・

これを鳴くと「D」が無いことが他家にわかる。
「H」も3枚見えているから「EFG」はかなり使い勝手が悪いし、
「EEF」は鳴きやすいかも知れない。

ということを、見直しながら思った。
まぁ、思っただけでなかなか実際には鳴けないんだけどね〜。

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

トイツ系牌効率序章11

【前回までのあらすじ】
トイツ系牌効率伝承者猫は一般的牌効率に戦いを挑んだ。一般的牌効率四天王のNo.2・No.3・No.4VS猫の戦いは猫がノーホーラーのまま南2局に突入。このまま試合は終了かと思われたそのとき「リーヅモチートイドラドラウラウラ」のバイマンが炸裂。一気に猫がトップに立ち、そのまま試合終了となった。




ちっ(怒った顔)
なんでぇ、結局お前のやったことといえば、ベタ降りとバカヅキのバイマンだけじゃねーかよ。

犬
いや、それこそが奴の狙いだったんだ。うちのチームが互いにつぶしあう展開、
そして半荘に1回か2回あるかないかのチャンス時に、自分だけが出られる状況を作ったんだ。
3VS1ではなく1VS1VS1VS1にしてしまったことが敗因さ。

猫
さすがNo.1だな。ちゃんと見抜いていたか。
トイツ系牌効率は、対一般的牌効率の技を400年の間磨いてきたんだ。

犬
で、お前の狙いは何なんだ?

猫
もちろん、トイツ系牌効率が最強と証明することさ。

犬
ならば来月、トーナメントが開かれる。それに出るがいい。そこで私と決着をつけよう。
しかし、そのトーナメントには一般的牌効率だけではなく、シュンツ系牌効率のやつらも出てくるぞ。
お前の先ほどの戦い方では、シュンツ系牌効率など他の牌効率が混じると対抗できないのでは?

猫
そうだな、これまでのトイツ系牌効率ではダメだろうな。
だが今ここにいるのは俺なんだぜ。何とかしてみせるさ。

犬
ふふふ、おもしろいやつだな。
お前を見ていると、どんな不可能なことも可能にしてしまいそうな気になる。
では俺の方も対策を練っておかないとな・・・来月が楽しみだ。



ついに牌効率最強トーナメントが行われることになった。
最強の牌効率は決定するのか? トイツ系牌効率は他の牌効率にどこまで対抗できるのか?
そして未だ時代の闇にまぎれている「アンコ(コーツ)系牌効率」は表にでてくるのか?

「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」

続・・・かない
↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 20:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | トイツ系牌効率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

トイツ系牌効率 序章10

「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」


 戦国時代末期、最初の牌効率が生まれた。やがてその牌効率は2つの派閥に分かれることになる。本家の「一般的牌効率」と分家の「シュンツ系牌効率」だ。それぞれの牌効率はおのれこそ最強の牌効率であると自負し、その精度をさらに極めんとしていた。そして2つの牌効率による最初の全面対決が行われた。戦前の予想では本家の「一般的牌効率」が優勢だと信じられていたが、そのおごりをつかれ「シュンツ系牌効率」が勝利することとなる。ここで分家の「シュンツ系牌効率」が主流となる逆転現象が起こったのだ。
 勝負に負けた「一般的牌効率」では離反者が続出し、その勢いは風前の灯となる。その中で発生した「トイツ系牌効率」と「アンコ(コーツ)系牌効率」は時代の表に出ることなく、それぞれ時代の影と闇に生きることになった。対して「シュンツ系牌効率」は勢力を拡大し、この世の春を謳歌する。そうして時代が流れた・・・

 時は現在。一時完全に勢力を失っていた「一般的牌効率」だったが、全国各地バラバラになりながらもしぶとく生き延びていた。そして一般的牌効率界最強の男「デジタル」が世にあらわれる。「デジタル」は「シュンツ系牌効率」を各個撃破しながらバラバラ散らばった仲間をまとめあげ、「一般的牌効率」の勢力を急速に回復させていった。対する「シュンツ系牌効率」も黙ってはいられない。残存勢力を集結し「一般的牌効率」に対抗する。再び2つの牌効率の全面対決が行われようとしていた。「一般的牌効率」はネットに本拠を構え、「シュンツ系牌効率」は雑誌に本拠を構える。「一般的牌効率」の猛攻を巧みにかわす「シュンツ系牌効率」。「一般的牌効率」が押し気味に戦いを進めるが、状況は一進一退。決着がつかないのではないかと思われたそのとき、第3の勢力があらわれた。

 いや、それは勢力というものではなかった。時代の影を生きてきた「トイツ系牌効率」の伝承者があらわれたのだ。「トイツ系牌効率」は一子相伝牌効率であり、牌の重なりを想定することにより相手の手をつぶし、かつ自らの手を作り上げるといった攻防一致牌効率である。彼はまず「一般的牌効率」に戦いを挑んだ。下っ端のエセデジタルが蹴散らされていくうちに、「一般的牌効率」本部も次第に「トイツ系牌効率」の存在を無視できなくなってきた。ついに一般的牌効率四天王が動き出す。

 「一般的牌効率」VS「トイツ系牌効率」の行方は? 「シュンツ系牌効率」の反撃はあるのか? そして未だ時代の闇にまぎれている「アンコ(コーツ)系牌効率」は表にでてくるのか?


「最強の牌効率は何か!? 多種ある牌効率がルール無しで戦った時…スポーツではなく目突き金的ありの『喧嘩』で戦った時最強の牌効率は何か!? 今現在 最強の牌効率は決まってない」

・・・つづく(?)
↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイツ系牌効率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

天鳳四→五段の道のり

4-5.JPG

はぁ、なんとか5段に到達しました(;´Д`)
3→4段のときは降段の危機もありましたけど、
4→5段ではそれが無かったので、その意味では気が楽でしたなぁ。



  五段になったのときのやつ              四段になったときのやつ
tenhou_prof_20100911.jpgtenhou_prof_20100724.jpg

和了率ちょい上がったのがよかったなぁ。
ハンゲで打っていたときは2割を余裕で切っていたからなぁ(´゚ω゚):;*.':;ブッ
クイタンの味をおぽえてしまった。って感じですなぁ。

しかし6段へはこの調子だと厳しいっすなぁ。
もうちょいラス回避の意識を高めていかないと・・・
とかなんとか、最初はハンゲのサークルができない間の腰掛のつもりが、
本格的に天鳳にはまってしまっているのであった( ゚∀゚)

↓ランキング急上昇・・・(;´Д`)しますように・・・
人気ブログランキングへ
posted by えちのぽぽんた at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 天鳳昇降段記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする